復活! 喜び!

 

あれからも、、受粉しなかった花が次々に不毛な実になっていき、ちぎっては捨て、ちぎっては捨て。

おかげさまで2月は売上ほとんどなし。

農家とは、こんな不安も背負わなければならない職業。

厳しいですねーー

もう一つの予備校講師業がなければ、こんな仕事はできないかなと思う今日この頃です。

でも、でも、実がなってきたときの喜びはひとしおだし、葉っぱも元気に育ったり、いちごの青い実が大きくなってきたり、
農業にはかけがえのない、元気をいただいていることも事実。

両方の歯車がうまく回って楽しい人生です。

受粉がうまくいかずチリチリいちご

つぼみいい感じで上がる

大きくなる兆し

 

大きな実

 
 
大きないちご2

 

ベリーノズル

少し、防除を楽にしようとベリーノズルなる噴霧器に注目。
15,000円程度の代物なので、購入しようとしたところ、
いちご農家友達が持っていたので、借りてみた。

そのお方は、自分には合わないので今は使っていないと・・・


使いココチは・・・・


いざ散布!




(ToT)重たい!
確かに、今まで一列を2回に分け両面から散布していたのが1回ですむ。
しかし、労力が4倍くらいなので回数多い方が楽。



(ToT)液だれ被ばく
竿を使って薬液が垂れる。タオルを巻けば解消されるけど、なんかかんかうっとしい。

↓ベリーノズル

 


ということで、スズラン噴口の方がいい!

↓スズラン噴口

 

 



という結論になりますぃた!

花が遅れる原因

いちごがなくて暇なので、よーく考えてみる。

花が遅れた理由。

定植直後が猛暑。萎える苗もあり、焼ける苗もあった。

肥料。濃度設定を間違えて、これまた1か月間無肥料状態。冬場にして、株が充実していない。

↑この装置で畑に肥料を送り込むのだけど、、、薄すぎる濃度・・・・

いちごは肥料欠などのストレスが続くと、芯どまりと言って芽が出てこなくなる現象が起こるが幸いこれはかいひできたみたい。

来年は、そう、寒冷紗の遮光率を上げる。夏場の作業労力軽減にもつながるはず。

そして、肥料はもちろん間違いなく。

今年度も収量減やろけど、シーズンの残り、しっかり作ります。

 

花は遅れ、ミツバチは働かず(ーー;)

 
あきひめ、べにほっぺ、ゆめのか、やよいひめ、さちのか、あいべりーの6品種を栽培中。

いちごは、品種によって味や特性がまったく違うのです。

昨年大成功だったあきひめと、べにほっぺは今作も快調!

しかーし!!
初めてのゆめのか、 やよいひめは花が一回飛んだようで、ようやく、一回目の開花ピーク(2月上旬)と思いきや、ミツバチが働かず、花は実らず、もう一花待ち( ;  ; )
そして、ミツバチが働かなかった被害は、あきひめ、べにほっぺにも・・・・(ーー;)

左の列ゆめのかは右あきひめより格段に遅い
1月上旬。

ムーブ

去るH24年1月24日、妻用の新たな営業車MOVEが納車されました。
わたくしめは、仕事上ほぼ一日車に乗りっぱなしなので、妻に出荷をお願いするときや、買い物をお願いするとき車が必要なのです。
ついに、自分で車2台所有するという・・・でっかくなったもんです。
夫婦になると、いろいろ初の体験が多いものです。

MOVEを買ったのは、神戸市北区の「K’s CAFE」。結婚後すぐに車が欲しかったので、ほかに見ることもなく速攻購入。
なにせ、結婚式H24年1月15日の当日は、リッチに神戸ポートアイランドオリエンタルホテルに宿泊したのですが、家に帰る足で、車を購入しちゃいました。

昨日結婚式だったんですよーなんて話をしていたら、カーナビや選べるナンバーをつけてくれたり。
たくさんサービスしていただきました。ありがとー。
そして、なんと「若い」。納車の時にみんなで記念撮影とか。
数々車を買いましたが、こんな企画は初めてでした。

車、大切にしないとね!
もちろん、車のナンバーは「・115」いい苺。( ̄▽ ̄)v

みんなで記念写真!!
120124車ご成約

結婚指輪

結婚して約一週間が過ぎた。

指輪というものをしたことがなく、結婚指輪をつけ続けていることに違和感を感じていたけど、
最近は、指輪がないことに違和感を感じるようになってきた。

農家ゆえ、土いじりの時は指輪を外すけど、今日は指輪をつけ忘れて畑を後にしてしまい、畑に残っていた
妻にもってきてーと頼んでおいた。

通常こういうケースだと、こんな大切なもの忘れて!!とかっていう風になるのかなーと思っていたが、我妻は、

「じゃあ私がつけとくわ」ってあっけらかんと。

こういうのほほーんとしたところが、彼女のいいところなんだよなぁ。なんか、わかるかなぁ、そうそう、人が怒るであろうポイントをさらっと笑いに変える。しかも、これが心底そうなのか、計算してるかわからないけど(たぶんしてないだろうけど)、なにぶん、そういう彼女にはだいぶ救われている。

いい嫁さんだ( ̄▽ ̄)v

指輪ありがとねー

嫁さん俺の指輪もつける
CIMG0716.jpg

指輪戻ってくる
CIMG0717.jpg

結婚して

2012年1月15日、「いいイチゴの日」に式を挙げました。

付き合って、相方が仕事をやめて、自分がする農業のお手伝いをするようになって、イチゴの栽培期を一周して、彼女とならと腹を決めて、結婚。

二人とも、寝食を惜しんで準備して。
相方が、いい人やと更に感じ。
式にはたくさんの友達が出席してくれて、祝福を受けて、心の底に響いた。
式は重要だった。身を切ってお互いが全力で作り上げ大切な人の前で宣言するから。
並並ならぬ責任感と、相方を大切にしようという思いが込み上げた。

結婚式の花嫁

二人がうまく続いて行くようにをモットーにして、これからの生活が始まる。
仕事を思い切りしたい。相方ともタップリ時間をとりたい。相矛盾する事情を両立させねば。
文句もいわず、自分のやることにすっと手を差し伸べて、ついてきてくれる彼女は宝物。
二人の人生に幸あれ。

いよいよ始まりました新婚生活。生活準備と仕事に追われバタバタ。仕事最盛期は来週で終わるから、少しは落ち着くかも。
15日から左手薬指についてる指輪がなんとなく馴染んできて、無いと変な感じに。

120115結婚披露宴